発毛剤と育毛剤は、似ているが異なるものである

発毛剤と育毛剤は、似ているが異なるものである

髪にお悩みを抱える方の中には、養毛剤の使用を検討している、あるいは既に使用しているという方もいらっしゃるでしょう。

 

普段の生活ではあまり意識することがないのですが、髪の成長を促進する養毛剤には、発毛剤と育毛剤という2種類があり、それぞれ効果が異なりますので、注意が必要です。

 

発毛剤とは、その名の通り、髪の毛を発生させる効果がある商品です。

 

同じものだと思われがちですが、育毛剤は既に存在する髪を育んで、より強く、太くする効果があるものですから、何もないところから髪を生やそうとする発毛剤のほうが、より効果が高くなっています。

 

成分面を見ますと、日本の厚生労働省が発毛効果があると認めている成分はミノキシジルのみであり、これを含む発毛剤は、弟1類医薬品として販売されています。

 

ミノキシジルはもともと、血管を広げて血圧を下げることを目的とする成分でした。

 

しかし、1970年代にアメリカで開発されて以降、服用した患者の体毛の量が増えるという現象が多く見られたために、発毛剤に転用されたのです。

 

具体的なはたらきは、毛穴の奥にある毛母細胞を活性化して、髪が生えることを促すというものです。

 

頭頂部に対する効果は特に高いことが確認されています。

発毛剤を使い続けると美容師の彼女もきっと嬉しい

 

年々禿げてしまった髪の毛を見てため息も出ません。

 

むしろモテるために笑いに昇華させてはいますが、年齢的にいえばもっと若く見られたい年頃です。

 

とはいってもなにも対策をしないでいても生えてくるわけではありませんので、発毛剤にチャレンジすることにしました。

 

発毛剤の選び方ですが、なんとなくインターネットで検索をして気になったものを即購入したんdせうよね。

 

悩んでいる時間があるのならとにかく使ってみた方が早い、と感じたのです。

 

今では毎日笑顔で発毛剤を使用しています。

 

笑顔でいると細胞も活性化されると考えて、なるべく明るい気持ちでチャレンジしているのは、自分だけの秘密です。

 

ただ、匿名ブログだからこそこうしてぶっちゃけて告白することができるので、心の中で応援していただきたいと思います。

 

もし髪の毛が発毛剤によって生えてくれたのなら、今付き合っている美容師の彼女もきっと喜ぶでしょう。

 

彼女はまだ駆け出しの美容師ですから練習台がほしいと考えているため、思う存分練習に使ってほしいと思います。

 

私だってお父さんのような外見でもオシャレな髪型もしてみたいし、サロンにだって通いたいのです。

 

我慢をしてきたことを当たり前にできるための発毛剤、今後も続けていきたいですね。